金津地区 - 村おこし特産品 - 鬼瓦

村おこし特産品

「滝がわら」は当地の粘土を利用してつくられ、雪国に適した堅牢さと、青味がかった美しい色で、[滝がわら」は広く普及し、当時の金津代官所が瓦奉行を置くほど隆盛し、北前船交易の重要な産品、「越前瓦」として、遠く北海道まで販路が及びました。
あわら市商工会の「むらおこし事業」では、この歴史と伝統のある「滝がわら」の技柄を継承し、さらに、現代に適した商品の開発・販売促進により、あわら市を「越前瓦の庄」として活性化するプランを推進しています。


鬼瓦原型デザイン作者 鬼師  西郡正義氏

江戸中期より約250年の伝統を持つ、滝地区の瓦づくり。西郡氏は、その伝統を受け継ぎ、現在では独りで造り続けている。手掛けるのは鬼瓦の原型で、一つ一つを手作業で制作する。「形は誰でも造れるが、温度差の激しい屋根の上で100年以上耐えるものを造るのが難しい」職人魂を感じさせる。

贈り物に、インテリアに、縁起物に・・・

(1)開運鬼瓦置物(大)
k-1
高さ25cm×幅20cm×奥行15cm

15,000円  税込・送料別

新築や開店などのお祝いに人気があります。

(2)開運鬼瓦置物(小)
k-2
高さ16cm×幅15cm×奥行12cm

5,000円  税込・送料別
贈り物やインテリア縁起物として人気があります。

(3)開運鬼瓦壁掛 ※現在取扱いしておりません。
k-3 高さ16cm×幅15cm×奥行9cm  4,500円  税込送料別
コンパクトなので壁掛けとして、場所を選ばず飾れます。




サイト名: あわら市商工会   http://www.shoko-awaracity.or.jp
この記事のURL:   http://www.shoko-awaracity.or.jp/modules/area3/index.php?id=5